抗弁権の有無が違う保証人と連帯保証人

MENU

抗弁権の有無が違う保証人と連帯保証人

よく子供の頃に大人になったら保証人だけにはなるなと聞かされた人も多くいるはずですが、保証人になった事がある人も多いはずです。何故なら就職する時や賃貸物件を借りる時などは身元保証人として登録しなければならないからです。しかし連帯保証人になった事のある方はそんなには多くないものと推察します。

 

この保証人と連帯保証人は責任の範囲が大きく違いますのでその違いを知った上で保証人を求められた時にどちらを求められているのか、責任範囲はどこまでなのかを判断しましょう。保証人とは基本的に担保の一種です。お金を借りるときに不動産を担保にしたりしますが、人的担保にする事で貸して側はリスクを回避します。具体的にもし借り手側が借金を返済できない時は、その借り手に代わって返済を行う事を保証する人の事を指します。こうした事から保証人はお金を借りた人と同じ義務を負うという事になります。

 

特に連帯保証人は債務者と同様の義務を負うことになります。例えば消費者金融などが借金をしている人に返済能力がこれ以上ないと判断したならば借り手側に断る事無く連帯保証人に返済を求める事ができます。その際に連帯保証人側は貸し手側の要求に応じなければならず、拒否をしても差し押さえなどで強制的に回収される事になります。連帯保証人はその保証を依頼した人に対してのみ文句を言う事ができ、金融会社に対しては文句を言う事ができません。

 

これに対して一般的な保証人は債務者がどうしても返済できない時にだけ代わりに返済する事になります。つまり消費者金融などが直接保証をするように求めても債務者に対して返済を求め続ける事ができるため金融会社としては手間がかかるため通常の保証人を求める事はほとんどなく、連帯保証人を求めるケースがほとんどと言えます。